ギャンブル本ランキング
競馬バラエティ番組を無料で配信中!

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有馬記念は、まだ人気がどうなるか分からないというか、変化もありそうなので、最終結論ではありませんが、現時点での1頭1頭の分析を公開させていただきたいと思います。

人気blogランキングへ

◆メイショウサムソン
上がりがかかる競馬が得意で、今回はコース・馬場・距離ともにベストといっていいでしょう。
東京のG1で1番人気に支持された場合は、軸にしたくない馬ですが、ここはかなり信頼できそうな感じです。しかし、力が抜けているというイメージではありません。3着以内なら、可能性はかなり高いと思います。

◆ドリームパスポート
昨年秋は、メイショウサムソンに4戦連続で先着しているので、能力的にここでも十分通用します。高田騎手とのコンビは、皐月賞2着、神戸新聞杯1着など実績十分で馬券圏外になったことはありません。あっと、いわせる場面も考えられます。

◆マツリダゴッホ
AJCC、オールカマーの内容から中山はかなり合っています。しかし、2400m以上の距離では、実績があまりないので、距離をこなせるかどうかがポイントになりそうです。

◆ダイワメジャー
上がりがかかる競馬が得意なので、中山へのコース替わりはプラス材料です。しかし、やはり、距離への不安があるので、昨年以上の着順は難しいように思います。

◆レゴラス
1000万下条件の馬なので、普通に考えて厳しいでしょう。しかし、中山芝は走ったことがないので、コース・馬場ということで考えれば、未知の魅力はあります。

◆ポップロック
昨年の2着馬なので、コース・距離ともに問題ありません。今年に入ってからのレース内容も良く、1着候補の1頭だと思います。人気次第で馬券の買い方を考えたいと思います。

◆ダイワスカーレット
出走馬の中で成績が最も安定しているのがこの馬です。しかし、2400m以上の経験がないというのは大きなマイナス材料です。重い芝の2500mで今回の相手で通用するという裏づけはないので、人気になった場合、軸にはしないほうが良さそうです。

◆ロックドゥカンプ
今回の条件は距離・コースともにベストでしょう。しかし、能力的に通用するという裏づけがないにもかかわらず、人気になりそうなので、軸にはしないほうが良いでしょう。

◆サンツェッペリン
京成杯1着、皐月賞2着の実績があるので、中山コースは合っています。後は能力的に通用するかどうかだと思います。

◆フサイチパンドラ
軽い芝でも、重い芝でもこなせるタイプです。ベスト距離は2000mだと思うので、距離的には少し不安があります。

◆コスモバルク
中山、海外など重い芝での実績はかなりのものがあります。しかし、今年に入ってから、あまり、いいところがないのが気がかりです。

◆インティライミ
京都大賞典で、ジャパンカップ2着のポップロックを負かしているので、能力的に通用するという裏づけがあります。中山と芝質の似ている阪神の朝日杯CCを快勝しているので、馬場にも不安がありません。前走の惨敗で一気に人気が落ちれば、絶好の狙い目になりそうです。

◆デルタブルース
前走のジャパンカップでは、不得意な瞬発力勝負にもかかわらず、5着と健闘しました。上がりのかかる競馬が得意なので、中山へのコース替わりは大きなプラス材料です。1着は厳しいかもしれませんが、馬券圏内への食い込みの可能性は十分にあると思います。

◆ハイアーゲーム
前走は、不得意と思われていた右回りの重い芝でのレースを快勝しました。状態面で問題がなければ、多少の注意が必要です。

◆チョウサン
東京・中山、どちらでも走れるタイプです。しかし、湿った馬場だとまったくダメなので、雨予報が出ている今回は厳しそうです。

◆ウオッカ
ダービーとジャパンカップの内容から、軽い芝での瞬発力勝負がベストという感じがします。上がりのかかる中山での競馬は厳しそうなので、人気になるのであれば、軸にはしないほうがいいでしょう。


有馬記念攻略法


競馬ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


山田祐作のメルマガ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。