ギャンブル本ランキング
競馬バラエティ番組を無料で配信中!

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
菊花賞で人気になりそうな馬についても考察してみたいと思います。

ロックドゥカンプはこれまで4戦4勝。
3連勝を達成する馬は結構いますが、4連勝はなかなかいません。
レベルが違うぞ、という感じがします。
しかし、今回はロックドゥカンプにとって不確定要素の多いレースです。
ロックドゥカンプがこれまでに経験している距離でもっとも長いのが前走のセントライト記念の2200mです。ということは長距離適性は全くの未知数です。
それから、菊花賞の舞台は軽い芝の京都というのも重要なポイントです。ロックドゥカンプは東京・京都・新潟のような軽い芝の競馬場でレースをしたことがありません。
ということで、今回は距離適性・馬場適性共に未知数でのレースとなります。

ドリームジャーニーは、神戸新聞杯の内容から距離は心配なさそうな感じです。しかし、軽い芝(東京・京都・新潟)でのレースに良績がないので、スローペースの瞬発力勝負になったときに不安があります。

アサクサキングスが人気になりそうな馬の中で最も軽い芝適性のある馬です。きさらぎ賞・ダービーの内容から軽い芝はかなり合うという感じです。後は、この距離をどううまくこなすかだと思います。

ヴィクトリーとサンツェッペリンは切れる脚はありませんが、長くいい脚をつかえるタイプです。折り合いが鍵になりますが、ハイペースのレースになればチャンスはあると思います。
この2頭には皐月賞で大変お世話になっているので、応援したい気持ちもあります。

アルナスラインはすみれS、京都大賞典の内容からスローペースの瞬発力勝負にかなり強い馬だということが分かります。今回も展開がはまれば、チャンスは十分あると思います。


競馬攻略本


人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメント

クラシック(GⅠ)戦線初登場

確かにアルナスラインは瞬発力勝負にかなり強い馬だと思います。

多頭数で揉まれた際の不安要素を残していますが、勝ち切れるだけのモノはありそうですね。

アルナスライン

碧音一番星さん、こんにちは(*^_^*)
コメントありがとうございます。m(__)m
そうですね~揉まれる競馬、それと重賞飼っていない馬のわりには人気になりそうなのが気がかりでもあります。(^_^;)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


山田祐作のメルマガ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。