ギャンブル本ランキング
競馬バラエティ番組を無料で配信中!

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高松宮記念は、ローカルでの開催なので、普段以上に馬場が大きな鍵を握りそうです。

人気blogランキングへ

3月23日(日)の1600万下条件の時計は1:07.8という速い時計でした。
また、4角先頭馬の好走がやや多いので、前残り傾向という感じがします。
しかし、中京の馬場レベルは変わりやすいので、3月29日(土)の競馬でどのような結果が出るのか、注目したいと思います。

とりあえず、現時点での穴候補を5頭ピックアップいたしました。(*^_^*)

プリサイスマシーンは、中京芝(2-0-1-1)。昨年の高松宮記念では3着でした。高齢馬というだけで買わない方が多いので、配当的妙味もありそうです。

ペールギュントは、昨年の高松宮記念2着馬。前走の阪急杯はスパートをかけようとしたときに内の馬が前に入ってくるという大きな不利がありました。巻き返しの可能性は十分にあります。

マイネルシーガルは、今回がはじめての芝1200mになります。現在の短距離路線は、マイル路線よりもレベルが明らかに低いので、マイル重賞を勝っている同馬には十分チャンスがあります。

アイルラヴァゲインは、スプリンターズS3着馬。今年に入ってからの凡走で人気を落としそうなので、絶好のねらい目になるかもしれません。

プレミアムボックスは、芝1200mですでに5勝をあげています。前走の勝ちがフロック視されている部分があるので、おそらく、それほど人気にはならないでしょう。


下の動画は、高松宮記念の前哨戦の阪急杯のユーチューブ動画(YouTube)でございます。7枠14番のペールギュントがかなり大きな不利を受けています。




競馬ニュース&ジョッキーブログ


競馬ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


山田祐作のメルマガ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。