ギャンブル本ランキング
競馬バラエティ番組を無料で配信中!

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京成杯は私にとって相性の良い中山芝2000m。
皐月賞中山金杯のように的中させたいと思っております。(^_-)-☆

人気blogランキングへ

今年の京成杯ですが、上位人気の馬がそれほどしっかりしているというイメージではないので、波乱の可能性は十分にあります。
また、過去のこのレースの傾向では、波乱が少なくなっているのですが、そういった傾向のレースは人気サイドが売れすぎることが多くなります。
そのため、通常のレース以上に人気薄からの馬券が得になると考えています。
確かに過去のそのレースの傾向が参考になることはあります。
しかし、「このレースは荒れない」などの傾向にこだわりすぎと、昨年のダービーやステイヤーズSのように1番人気が馬券に絡めず、大波乱になるようなレースを100%取り損ねることになってしまいます。
このような理由から、過去のそのレースの傾向は頭の片隅程度にとどめておいたほうがよい場合が多いです。

今回の京成杯は穴候補はたくさんいますね~
その中から何頭かピックアップいたします。

ランチボックスは、前々走のエリカ賞が好内容でした。脚質自在のイメージもあるので、侮れません。

マイネルジュレップは、デビューから4戦すべて芝2000mを使われているのが大きな強みです。上がりのかかる競馬が得意なので、馬場的にも期待できそうです。

マイネルファルケは、前走、行きたがって4角先頭になってしまいましたが、しぶとく粘って5着に食い込みました。スムーズにレースができれば期待できそうです。

ドットコムは、前走初芝のホープフルSで3着と健闘しました。芝になれた今回はさらに期待できそうです。

競馬バラエティ番組を無料で配信中!


競馬ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


山田祐作のメルマガ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。