ギャンブル本ランキング
競馬バラエティ番組を無料で配信中!

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひさびさに馬券の買い方の考察を少々行ってみたいと思います。m(__)m

人気blogランキングへ

私は穴党で総流しというのを頻繁に行います。
理由は、取り損ねを防ぐためです。
また、総流しを行うことで自動的に最低人気馬も馬券に入れることになります。
そのため、自分が予想できなかった馬が馬券に絡んできた場合でも的中させることが出来ます。
2007年の福島記念がまさにそのようなレースでした。
福島の馬場は時計がかかる重い芝の状態だったので、重い芝巧者の人気薄ヤマニンメルベイユと人気馬で適正・能力ともに信頼できるアルコセニョーラの3連複2頭軸総流しを購入しました。
結果は、アルコセニョーラが1着、ヤマニンメルベイユが3着、そして2着にはなんと最低人気のナリタプレリュードが入りました。(*^_^*)
アルコセニョーラとヤマニンメルベイユの好走はレース前に読み取れましたが、ナリタプレリュードの好走は読み取れていませんでした。
しかし、総流しをしていたことによって3連複126,950円をゲットすることができました。(*^_^*)

↓福島記念3連複3連複126,950円馬券のコピーです。クリックすると拡大します。
071110fu.jpg


やはり、馬券に絡む馬3頭全てを予想するのは難しいことです。
また、予想できていれば、3連複1点買いで、あっという間に億万長者になれますが、実際、それは限りなく不可能に近いことだと思います。^_^;
そのため、総流しは大きな武器になると考えています。(^^♪

一部で、総流しは無駄が多く回収率が悪くなるという意見もありますが、私の場合は総流しを頻繁に使うようになってから、回収率が凄く良くなりました。(*^_^*)


競馬本の売れ筋ランキング


競馬ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


山田祐作のメルマガ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。